Re: OKAGAWA PHARMACY

N合同会社の拠点でもある小樽市指定歴史的建造物32号の(旧)岡川薬局。様々に変容する真っ白なカフェCafeWhite、石蔵倉庫を活用したCafeBrown、趣のある和室を中心としたGuestHouse。不動産を時間単位と部屋単位で細かく分割するR.E:STという新しい手法により運営を行っており建物内を様々な形でRentalSpaceとして提供しています。

1930年に建設された岡川薬局は、2009年に弊社代表の福島慶介に所有移転をおこない、2010年4月より(旧)岡川薬局として利活用を開始しています。この建物の特徴を最大限に活かしながらも、不動産利活用の新しい形としてわたしたちはR.E:STという概念を生み出しました。

建物内のあらゆる箇所にその空間の雰囲気にあった機能を入れ込れこみ、空間単位と時間単位の二軸で建物全体を細かく分割したレンタルスペースとして位置付けています。例えば二階の和室スペースは昼間は会議で使われ、夜は宴会、その後は宿泊の部屋へと。同じ空間であってもインテリアによってその属性が決まります。

宿泊と労働を等価交換するWorking Stayと合わせて、この建物では常に新しい人や活動を受け入れながら、それらが有機的連動を行う結節点となれるよう活動を続けています。

CafeWhite


建物正面には真っ白なキャンバスであるCafeWhiteが皆様を迎えます。かつての調剤室をそのままに空間をリノベーションしています。店内には様々な機器が揃っており、展示や物販、ライヴや講演など、様々な価値を内包していきます。このカフェでは営業を1日を昼と夜に営業を分割し(週末は深夜も)それぞれに出店者を迎えています。出店者がいる場合は通常メニューはもちろんのこと、出店者独自のメニューもお楽しみいただけます。これまで約10組がこの場所で出店し、その何組かは独立してお店をオープンさせています。

(旧)岡川薬局は「多くの人が関わる」ことに重きを置いた、文化と経済の両輪による歴史的建造物の利活用事業です。


【(旧)岡川薬局】

住所:小樽市若松1-7-7
電話:0134-64-1086
営業:宿泊は年中無休、カフェは下記の通り。
日・火・水・木曜日 11:00-22:00 (LO 21:30)
金・土曜日 11:00-25:00 (LO 24:30)
月曜日 定休日(祝祭日とその前日は22:00まで営業)

(*)その他状況により営業時間の変更がございます。Twitterでの日々の投稿をフォローしてくださいね。

Published on 3月 29, 2016
Filed under: .Award,Architecture,Branding,Graphic,Management,Typography

Subscribe Scroll to Top